椎間板ヘルニアの牽引治療について

私は中学生の頃に腰のヘルニアになりました。足をあげたときに電気が走ったように痺れたりしました。

初めは病院で診察をしてもらいましたが軽度のヘルニアであったため、病院の勧めで定期的な牽引治療を行いました。

また、親もヘルニアで入院経験があり、早期治療を勧められました。

 

部活(剣道)をしばらく休んで、放課後に紹介してもらった接骨院に通うことにしました。

やはり牽引しないよりは、通って良かったと思っています。

牽引は腰を伸ばすのですが、治療後は楽になります。

それを定期的に繰り返す事で潰れた軟骨に良い影響があるようです。

歩くたびに痛みを感じ、ちょうど中学3年生でヘルニアになったため中学生活最後の運動会には出られませんでしたが、1年経ってすっかりよくなりました。

現在23歳ですが、今はほとんど支障がないくらいよくなりました。牽引治療をしていなければ痛みが残っていたと思います。

ヘルニアは症状が重くなると入院、手術の恐れもあります。

少し異変を感じたら接骨院に行ってみるのもいいと思います。早めに治せば体も楽になります。